〜子どもの矯正〜

お子さんの口がポカンと開いている、滑舌が悪いといったことはありませんか? その原因として歯並びの悪さが挙げられます。

I期(3歳~10歳くらいまで)・・・小児・口腔育成治療

口腔育成とは、上下の顎の骨を成長させ、乳歯から永久歯への生え変わりをスムーズにすることを目的とした治療です。

プレオルソ治療

プレオルソという装置を毎日一定の時間装着することで、お口の成長を促し、歯並びを整えていきます。また、口呼吸から鼻呼吸へのトレーニングにもなります。

① 取り外しができる
固定式の装置に比べ、取り外しができるので、違和感と痛みが少ないです。またブラッシングなどのお手入れも通常通りにできます。

② 装着は“日中1時間”と“就寝時”のみ(1日10時間)
日中1時間と就寝時のみの装着となるので、装置を学校に持っていく必要もなく、日常生活への影響がほとんどありません。

③ リーズナブル
通常矯正よりも安価で、プレオルソ治療終了後はお口の環境が整うので、新しく矯正治療が必要となった場合でも、治療期間が短くなる、良い効果が期待できるなどの効果があります。

④お子様のやる気が重要
毎日きちんと装着しなければ効果が得られません。お子様を含めご家族の協力が必要不可欠です。

⑤装着時はお口を閉じた状態になります。

 

床矯正治療

床と呼ばれるプレートに拡大ネジが埋め込まれている装置です。拡大ネジを徐々に広げていくことで、歯列をゆっくり拡大して歯をならべるスペースを作ります。

 

①抜歯をしないで矯正治療ができる可能性が広がる。

②取り外しができるので食事や歯ブラシがしやすい。

③痛みが少ない。

④ワイヤー装置に比べて安価。

⑤装着時に多少しゃべりずらい場合がある。

⑥床矯正後、ワイヤー矯正に移行することがある。

Ⅱ期(10歳~12歳)小児矯正治療

ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットという装置をつけ、ワイヤーを通して歯を動かします。当医院では見た目をよくするために上下の前歯12本に半透明なブラケットを、奥歯には金属のブラケットを装着します。また金属のワイヤーを透明なワイヤーにすることができます。(追加料金が発生します)
※部分のみの矯正もあります。(要相談)

①多くの不正咬合に対応
高低差がある歯並び、抜歯が必要な場合など、幅広い歯並びに対応できます。

②目立ちにくい
半透明なブラケットのため、金属のブラケットよりも目立たず、変色もありません。

③痛みが出ることがある。
歯を動かすので、違和感や痛みを感じることがあります。

④ワイヤーが見える
半透明で目立ちにくいですが、ブラケットやワイヤーがついているのは至近距離ではわかります。

⑤手入れが大変
ワイヤーやブラケットが歯の表面についているため、ブラッシングなどのお手入れをより丁寧にする必要がある。