歯並びを矯正したいと思っている方でも、治療中の金属器具を思い浮かべるだけで、気後れしてしまう方もいらっしゃるようです。

そんな方にオススメなのが審美矯正です。

審美矯正とは、これまでの金属の矯正器具が目立つ矯正と違い、審美性を重視した治療です。矯正のときに歯1本1本につける小さな器具をブラケットといいます。かつてはこの金属のブラケットしかなく、とても目立っていましたが、ブラケット目立たないようにと透明なもの、白いものなどが考え作られました。

メリット①多くの不正咬合に対応
高低差がある歯並び、抜歯が必要な矯正など、幅広い歯並びに対応できます。
メリット②治療期間が短め
マウスピース矯正と比べ、治療が短くなることが多く、少しでも早く矯正を終わらせたい方にお勧めです。
メリット③目立ちにくい
透明なブラケットのため、金属のブラケットよりも目立たず、治療中も変色したりすることはありません。
デメリット①違和感や痛みが出ることがある
普通のワイヤー矯正と同じく、痛みや違和感が出ることがあります。痛みや違和感の多くは、歯が移動するうちになくなっていくことが多いので、ご安心ください。
デメリット②ワイヤーが見える
目立たないとはいっても、ワイヤーや器具が付いているのは近くで話したりするとわかってしまいます。目立ちにくく矯正治療の仕上がりが良くて、治療期間も短め、費用もリーズナブルな審美矯正はデメリットが少ない矯正方法です。色々なタイプの不正咬合に対応できますので、まずはご相談ください。マウスピース矯正と比べ、治療が短くなることが多く、少しでも早く矯正を終わらせたい方にお勧めです。
デメリット③手入れが大変
ワイヤーやブラケットが歯の表面についているため、ブラッシングなどのお手入れに気を使う必要があります。きちんと磨けていない場合、虫歯や歯周病になってしまうことも。※万が一虫歯や歯周病になってしまった場合、当院の総合診療室にて治療可能です。

 

治療費

¥ 300,000

+装置調節料、装置管理料

 

 

 

審美矯正が気になられた方は、はぜひ当院にお越しください。