マウスピース矯正(インビザライン)

「マウスピース矯正」とは、透明な取外しができる矯正装置です。ご自宅にいるとき、勤務中など、透明なマウスピースをつけていただくことで、少しずつ歯をうごかしていく矯正方法です。

メリット➀透明なので目立たない
ブラケットを歯の表面につけるワイヤー矯正装置は、目立たないブラケットでも矯正していることはわかります。しかし、マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の矯正装置なのでほとんど気づかれません。接客業の方など人と多く会う方におすすめです。
メリット②痛み、違和感が少ない
マウスピース矯正は2週間程度の期間で次のステップのマウスピースに取り替えていきます。3Dシミュレーションで割り出した治療計画により1つのマウスピースで動かす歯の距離を小さく設計しているので、ワイヤー矯正などの他の矯正治療よりも痛みが少ないのが特徴です。
メリット③取り外しができる
マウスピースは食事のときや歯のお手入れのなど、簡単に取り外し可能です。今まで通り、食事のときは美味しくものが噛め、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って歯のお手入れをすることができます。また、マウスピースは流水で汚れを落とし、専用の洗浄剤で殺菌できるので、衛生面も安心です。
メリット④金属を使わない
ワイヤー矯正など金属を使った矯正は、金属アレルギーを発症する可能性があります。マウスピース矯正はメタルフリーですので、金属アレルギーの方も矯正に取り組むことができます。
デメリット➀自分で管理する必要がある
決められた時間(20時間以上)装着しなければ、効果が出なかったり、矯正に時間がかかったりすることがあります。また、自分でマウスピースを外しお手入れする必要があるので、ご自分でキチンと管理できる方にむいているといえます。
デメリット②高低差がある歯並びは矯正が難しい
高さに違いがある歯並びには、矯正の成功率が低くなっています。高さがバラバラの歯並びの場合には、ワイヤー矯正をお勧めします。重度に悪い歯並びの場合にも、マウスピースでは治療できないことがあります。

当院のマウスピース矯正は、部分矯正と全体矯正(インビザライン)の2種類です。
前歯だけ、1本だけといった部分矯正から、全体的な矯正までお任せください。

治療費は、どちらも分かりやすいオールインワンプライスCTなどの検査代、定期的に通院した際の調整代などすべて含んでおり、あとから余分なお金が必要になることはありません。

前歯だけ歯並びを整えるのが部分矯正です。話すとき、笑うとき、人から見えるのは主に前歯だけなので、前歯だけでも矯正するだけで印象は大きく変わります。

治療費

左右前歯の第4歯(計8本)の矯正 ¥ 400,000

 

上下全ての歯の歯並びを整えるのが、全体矯正です。当院では全体矯正ではインビザラインを使用しています。

インビザラインについて インビザラインは、米国アライン・テクノロジー社が、提供するマウスピースによる歯列矯正システムです。 高度な3Dコンピュータシミュレーションでクリンチェックと呼ばれる治療計画を通して、フルカスタムメイドな矯正を行います。 これまで、世界中470万人以上の人が治療した実績があります。

治療費

全体矯正(全ての歯の矯正) ¥ 600,000

 

 

マウスピース矯正が気になられた方は、はぜひ当院にお越しください。