どんな歯並びですか?不正咬合は、顎関節に負担が生じる、歯の一部に負担をかける、見た目が気になる、歯磨きがしづらい等健康にも負担をかけます。
はやめの治療で美しい歯並びと健康な口元を手に入れましょう。

 

出っ歯

出っ歯は専門的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)といい、上の歯が下の歯よりも前に出た状態のことを指します。
原因は指しゃぶり、舌の位置、骨格性といったことがあげられます。
出っ歯を放っておくと、口が閉じられないため、ドライマウスになったり、出ている前歯を傷つけてしまったりという可能性が生じます。

 

八重歯・でこぼこ

八重歯やガタガタしている歯並びは、専門的には叢生(そうせい)といいます。
顎の骨が小さく歯が生えるスペースがなかったり、乳歯が早く抜けてしまったりといったときに起こります。

 

すきっ歯

歯に隙間が空くすきっ歯は、専門的には空隙歯列(くうげきしれつ)といいます。
よくあるのは、前歯の2本の間が空いているものです。生まれつき歯の本数が少ない、上唇小帯というヒダが発達しすぎるといったことが原因で起こります。

すきっ歯を放っておくと、発音障害を起こしたり、虫歯・歯周病になりやすくなったりします。

 

受け口

受け口は専門的には下顎前突(かがくでんとつ)といい、下の歯が上の歯より前に出た状態のことを指します。
受け口の原因には、遺伝的な要因や日常の癖のほか、前歯が反対に傾いてきてしまっていることなどが挙げられます。

受け口を放っておくと、発音障害や、噛む力が低下することがあります。また、受け口は歳とともに顕著になる傾向があり、治療が難しくなってしまいます。

 

高低差がある

上下の歯に高低差があったり、顎がずれて噛み合わせが反対になったりしている状態を交叉咬合(こうさこうごう)といいます。
上下の顎の骨にずれがあることが原因として挙げられます。

この状態を放っておくと、顔の左右に歪みが出る、虫歯や顎関節症になりやすい、肩こり・頭痛が起こりやすいといったことにつながります。

 

口を閉じにくい

上の歯と下の歯がかみ合わず、隙間があいてしまっている状態を専門的には開咬(かいこう)といいます。
歯が閉じられない状態の原因は、指しゃぶりや遺伝、舌の位置などが挙げられます。

常に口があいていますのでドライマウスになりやすく、発音障害も起こりやすくなります。また、顎関節症の原因となることもあります。